今日午前中にピンポ~ンとインターホンが鳴った。

宅配の予定は無いし何だろうと出てみると、水道の検針の方でした。

確かに作業着らしい格好をしているが、最近の強盗事件が浮かび疑った様子でいると、

「今どこかで水を流していますか?」ということでした。

キッチンでも使ってないし、洗濯機も回っていない。

おそらく検針で先月より使用量が明らかに多かったから、ピンポ~ンと鳴らしたのだと思われます。
ちょいと心当たりがあり、ちょっと待ってくださいと言い残しトイレへ向かいました。

トイレのドアの前に行くと中からジャージャーと水の流れる音がしておりました。

やっぱりトイレの手洗いの水が流れっぱなしになっていたのです。

直ぐにインターホンに「すみませ~ん流れてました」とお伝えしたら、納得といった風でした。
そうなんです、最近じぃじがトイレの手洗いの水を流しっぱなしにする事件が、幾度となく起こっているのです。

その度に「ちゃんと止めたか確認してから出て来て!」と怒っているおばちゃまです。

その知らない間に流れていた時間はどのくらいになるのか計り知れません。

次回の水道料金の請求金額にびくびくしているおばちゃまです。
IMG_5610

じぃじが言うには手洗いの水栓が年寄りに優しくないらしいのです。

ハンドルではなく回す方式(ネジ式)になっているので、指先の力がない年寄りには大変らしいのです。いわれてみると確かに、おばちゃまも時々ちょろちょろと出しっぱなしの時がありました。

まして石鹸をつけた手だと絶対に滑ってしまってお水は出せませんでした。

キッチンと洗面所の水栓はハンドルがついています。
IMG_5611

トイレの手洗いのボウルと水栓は、おばちゃまがデザイン優先でセレクトしたのでした。

こらからお家を建てるご予定の方は参考にしていただければと思います。